競艇の勝負は1周目のターンマークで決まる!?初心者のための買い方講座

こんにちは。debuyaです。競艇(ボートレース)は1周600mのコースを3周(合計1,800m)して着順を争う競技ですが、競艇(ボートレース)の最大の魅力で勝負を分けるポイントのひとつとして1周・第1ターンマークの攻防があります。競艇(ボートレース)は、1周・第1ターンマークでほぼ勝敗が決定してしまいます。今回はターンマークの攻防についてご紹介したいと思います。

*参考

ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1周・第1ターンマークの攻防

boat-race-turn1
引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP
http://www.boatrace.jp/enjoy/guide/level1/l1_01_03_05.html

スタートして直後に現れる1周・第1ターンマーク。この第1ターンマークに6艇が一斉に飛び込んでいきます。この1周・第1ターンマークの攻防で競艇(ボートレース)の勝負は6、7割は決まってしまいます。

勝負の6、7割が1周・第1ターンマークで決まってしまう理由としては、水面を艇が走ると艇の後ろに引き波が作り出されます。この引き波がある以上、直線で先行艇を後方から抜く事は限りなく不可能な状態になります。そのため1周・第1ターンマークを1番最初に抜けて先行できれば、かなりの確率で1着を取る事ができます。この原理は他のスポーツや競技では、なかなか無い、競艇(ボートレース)特有の特徴と言えます。

レースにおいて1着を取った選手が、どのようにして1着を取ったかという説明のひとつとして「決まり手」という言葉が競艇には出てきます。この決まり手は、1周・第1ターンマークの攻防においてどのような戦法で1着を取ったかという事が表されます。決まり手に関して詳しく知りたい方は決まり手についてを参考にしてみてください。


引用元:you tube
https://www.youtube.com/watch?v=1LzUD30If1Q

1周・第2ターンマークの攻防

boat-race-turn2
引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP
http://www.boatrace.jp/enjoy/guide/level1/l1_01_03_06.html

1周・第1ターンマークを抜けた後に出てくる、もうひとつの勝負ポイントは1周・第2ターンマークでの攻防になります。ハイレベルなレースになると1周・第1ターンマークを抜けても数艇が混戦になっている状態なので1周・第2ターンマークでの逆転劇がかなりの確率で出てきます。

また、1周・第1ターンマークで先頭が圧倒的に抜け出たとしても1周・第2ターンマークでの2着・3着争いは激しい争いになります。これも競艇(ボートレース)の特徴で後続の艇は、先行艇の引き波の影響を受けてしまうのでいかに先行艇の引き波の影響を受けずに周りのライバルより先行出来るかがポイントになります。

他の艇以外にも注意が必要なターンマークの攻防

また、第1ターンマーク、第2ターンマークのどちらにも共通してくる難題がいくつかあります。そのひとつが水面です。陸上を走る競技とは違い、競艇(ボートレース)の場合、水面を艇が走るので「波」や「うねり」といった影響を受けます。ターンマークでは、艇の上に立って艇を旋回させるので波やうねりによってバランスを崩してしまうと転覆してしまう恐れがあります。なんでもない場面で突然、転覆して大逆転になったなんて事も稀に起こります。

その他にも「風」や「気温」、「天候」といった自然の影響も競艇(ボートレース)の旋回において影響してくるので選手間の争いと同じくらいに水面状況を理解しておく事が競艇(ボートレース)の予想をする際には重要になります。全国にある各競艇場の水面特徴を知りたい方は全国競艇場の水面特徴から読み解く!?競艇の予想の仕方!!を参考にしてみてください。

*参考

ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

競艇(ボートレース)のターンマークの攻防、特に1周・第1ターンマーク、1週・第2ターンマークの攻防は勝負を決める重要な局面で、競艇(ボートレース)を楽しむ上での最大の醍醐味になります。競艇場に足を運んで観戦される時には是非、ターンマークでの攻防を楽しんで見てみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする