競艇(ボートレース)初心者講座 モーター、各部品(パーツ)について

競艇(ボートレース)においてモーターの性能はレースにおいて非常に重要な要素になります。競艇選手(ボートレーサー)がモーター整備を行った際にはファンに向けてモーター部品交換情報が発表されます。今回は、モーターの各部品(パーツ)についてご紹介させて頂きます。

component-replacement 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP http://www.boatrace.jp/enjoy/guide/level2/l2_01_04_01.html

まず最初に理解して頂きたいのは競艇選手(ボートレーサー)がモーター整備をしているのはモーターの性能を120%に引き上げるものではありません。競艇(ボートレース)におけるモーターは、基本的にはどれも同じ性能のものを使用しています。

モーターの最大に出るパワーは、どれだけ整備しても100だと思ってください。各競艇選手(ボートレーサー)が整備を行っているのは整備前の段階で50や70といったパワーが引き下がっている状態を出来る限り、最大の100に近づける為の整備という事を理解してください。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

motor 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.プロペラ

propeller 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

モーターの部品かと言われればプロペラに関してはちょっと違うとは思いますが、モーターに取り付けて艇を速く走らせる、旋回しやすくするといった、競艇選手(ボートレーサー)が操艇する上では欠かせないものがプロペラになります。

プロペラはモーター抽選の時に一緒にセットになって付いてきます。プロペラを選手(ボートレーサー)が調整する場合はアナウンスされませんが、プロペラ自体を交換した際には「プロペラ交換」と展示航走の時にアナウンスされます。

ベテランの選手から新人の選手までモーター整備をする際に一番最初に意識するのが、プロペラ(通称ペラ)です。理由としてはプロペラを調整する事によって乗り心地や性能が大きく変えることができます。気温や気候によってモーターの回転数を調整する意味合いもあります。更にプロペラをまず触る理由はプロペラ調整をしてもお金(費用)が掛からない事が大きいです。

2.ピストン

piston 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

出足をアップさせたい時や転覆してしまった際に良く交換される部品がピストンです。ピストン交換の際には必ずしも新品のピストンが良いとは限りません。使用済みの中古のピストンを交換したほうが良い場合もあります。

この新品のピストンが良いのか、中古のピストンが良いのかを判断するのは各競艇場にいる整備士さんにこれまでの経緯を聞くのが基本ですが、それでも最終的には、競艇選手(ボートレーサー)の長年の経験や能力による部分が大きいようです。

3.ピストンリング

piston-ring 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

モーター性能に関わる消耗品部品です。このピストンリングも新品と中古の両方を選ぶ事ができます。部品交換の中ではコストも安く消耗品なので多くの場面で競艇選手(ボートレーサー)が交換を行いますが、あるトップレーサーいわくピストンリングを交換しても大きな性能の違いにはならないとの事です。

4.チルト

tilt 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

図のようにチルト角度を上げると伸びやすくなるのでアウトコースになるであろう競艇選手(ボートレーサー)が「アウトコースからまくっていきますよ!」というサインのひとつになります。一般的なチルト角度は開催場所にもよりますが、-0.5~+0.5度です。大外からまくる場合には+3度にする選手もいます。

5.シリンダーケース

cylinder-case 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

シリンダーケースの中のピストンとの摩擦によるすり減りが出力に影響を及ぼします。競艇選手(ボートレーサー)は感触を確かめ、より滑らかに動くように組み立てる必要があります。

6.電気一式

electrical-set 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

点火プラグに送る電気を発生させるための部品です。一部だけを交換することが不可能なため「一式」を交換する必要があります。

7.キャブレター

carburetor 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

空気と燃料の混合比に影響のある部品です。

8.ギヤケース

gear-case 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

ギヤケースはプロペラと直結する部分であるため、各選手(ボートレーサー)が感触を気にし、整備にも神経を集中させる部分です。

9.クランクシャフト

crankshaft 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

モーターの心臓部であり、めったに変えることはない部品です。交換も時間がかかり、大手術と言える交換です。これを交換する時はよほど何かの問題があるのだと想像できます。

10.キャリアボデー

carrier-body 引用元:TELE BOAT HPボートレース大図鑑 http://telemagazine-web.info/book/boat.html

モーターの胴体となる部分です。排気ガスの通り道であり、各部品との接続状況が出力に影響します。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

11.まとめ

今回、ご紹介させて頂いたように選手(ボートレーサー)はモーターに関してのほぼ全ての部品交換が出来るようにならないと一流選手の仲間入りは、なかなかできません

また、モーターを所有しているのは各競艇場でモーター部品に関しても基本は競艇場が提供してくれます。その為、大掛かりが部品交換となると各競艇場にいる整備士さんが納得するような整備でなければ交換のオーケーがでません。(なぜなら交換する=お金が掛かるから)なので競艇選手(ボートレーサー)としては整備士さんと友好な関係を築き上げるのもモーター整備において重要な要素のひとつになります。

競艇選手(ボートレーサー)の中にはモーター整備を得意としている選手(ボートレーサー)、不得意としている選手(ボートレーサー)が存在しますので競艇(ボートレース)を観戦、予想をしていく中で是非注目してみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする