10#ボートレース三国(三国競艇場)の水面特徴、攻略情報

昔は厳冬期に水面の凍結防止のため、夜中に救助艇を走らせていたという北陸地方ならではのエピソードもあるボートレース三国(三国競艇場)。

ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース三国(三国競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報を紹介させて頂きます。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.水面特徴

ボートレース三国(三国競艇場)は1年を通してスタートラインに対して追い風の日が多くなります。冬場は安定板を装着してレースをするほど水面が荒れます。追い風が吹くこともあって、インコースが主導権を握るレースが多くなるのが最大の特徴です。

スタートライン上のコース幅は62mで、住之江の51mと比較してもかなり広い。アウトコースからスタートをする選手は、コース幅が広いためなかなか1マークにたどりつきません。その間にインコースが逃げてしまっているというパターンもインが主導権を握る要因のひとつです。

インコースが敗れるパターンは、ターンをした直後に風を受けて流れるケースが多いです。その際には2、3コースからの差しが決まりやすくなります。中には4、5コースからのまくり差しも決まったりしますが、どのパターンにしても6コースは他の競艇場と比較しても不利な状況になります。6コースが勝機を見出すとすれば最内を差してバックストレッチで伸ばせれるかの勝負になります。

周囲をコンクリート護岸で囲まれている関係で、2マークに引き波が残りやすく、2マークでの逆転劇も比較的多く出てきます。

シード番組として記念競走を除く開催では、2003年6月5日より第1レースに「おはよう特賞」が組まれる。これは1号艇にA級選手が、その他にB級選手が組まれる番組です。また、第5レースは「昼サンサン」が組まれ、奇数艇(1・3・5号艇)がA級、偶数艇(2・4・6号艇)がB級選手の出走。第7レースの「ガチンコ」は、1・2号艇がA級、その他がB級選手の出走という番組があります。

boat race mikuni 引用元:ボートレース三国HP http://www.mikuni.gr.jp/01suimen/01suimen.htm

2.コース別データ

boat race mikuni data 引用元:ボートレース三国HP http://www.mikuni.gr.jp/01suimen/01suimen.htm

コース別データを季節ごとに見ても6コースの1着率の低さが際立っています。6コースに負けず劣らず5コースも1着率は低い方ではないでしょうか。逆を言えば1発大穴を狙うのであれば5コース、6コースから買っていくとかなりな配当が狙えるかもしれませんね。

3.モーター情報

ボートレース三国(三国競艇場)で使用されるモーター抽選結果のランキングに関してはボートレース三国HPモーター抽選結果を参照ください。

モーターとボートは4月に交換される事によって、冬場はボートの性能にも注意しておきたいところです。使用期間が長い事と冬場は乾燥状態が良くない事もあってボート、モーターの性能差が出やすいのが特徴です。悪いボートに当たるとモーターのパワーを引き出せません。

ボートレース三国(三国競艇場)のモーター交換時期は4月になります。4月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、4月以降の5月や6月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

4.まとめ

ボートレース三国(三国競艇場)はインコースが強い競艇場になりますので本命中心でインコースを重点的に狙うか、大穴を狙ってアウトコースを中心に狙っていくか分かれる所です。

ボートレース三国(三国競艇場)で開催されるレースの時の参考に是非してみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする