大村競艇場の特徴を検証!全国の競艇場の中で最もインコースが強い競艇場!?

ボートレース大村(大村競艇場)は、ボートレース「発祥の地」として多くのファンに知られており、1952年(昭和27年)4月、ここで競艇競走が正式に始まりました。ボートレース大村(大村競艇場)の最大の特徴は、運営側も推しているとおり「インコースの強さ」です。全国の競艇場でインコースの勝率が1番高いのがボートレース大村(大村競艇場)です。文字通り「インコースを制する者がレースを制す!」と言っても過言ではありません。

競艇場の水面特徴を把握する事によって選手データや予想屋のデータだけに頼った予想よりも、かなりの確率で的中率があがります。今回はボートレース大村(大村競艇場)の水面特徴、攻略方法をご紹介します。

*参考


ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大村競艇場の水面特徴

大村競艇場 特徴

大村競艇場の1コースの1着率は全国一

ボートレース大村(大村競艇場)のまず最初の最大の特徴は、何といってもインコースが強いことです。昔は満潮の時に強いと言われていましたが、最近は干潮でもインコースが強いシーンが見受けられ、インコースの1着率は60%オーバー(全国のインコースの1着率平均は50.9%)、3連率は75%を超えています。風向きも影響し、追風がスロースタートのインコースには有利という点も勝率を上げる要因のひとつです。

特にトップレーサーが集まるSG競走ともなればスタートも横一線のスタートになりやすく、インコース優位の傾向に更に拍車がかかってきます。ボートレース大村(大村競艇場)ではインコースを度外視した舟券はよほどのこと、例えば1号艇の起こしが悪かったり、スタートで立ち遅れる可能性があるケース以外は無謀と言っても良いと考えられます。

大村競艇場は2マークは「差し」を得意とする選手が有利

もう一つの特徴は2マークの出口のうねりです。2マーク側の防波堤の下部が開いており大村湾と繋がっているため、目に見えにくい独特のうねりが発生するので2マークはキャビリやすく、ツケマイがほぼ効きにくい状態になります。まくりを選択してもほとんどのケースで流されてしまい1着争いどころか3着争いに巻き込まれてしまいます。そのためボートレース大村(大村競艇場)の2マークの攻略は「差し」が定番となっています。

しかし、この差しも先行艇がターンミスして旋回が流れてしまう、艇がバタついて遅れるなどのミスでもない限り、1周2マークでの逆転劇は、難しい展開がほとんどです。特にSG競走、GⅠ競走といったA1級選手ばかりのハイレベルなレースであれば、よりこの傾向が強くなります。

1周2マークを真っ先にターンできる艇が1着を取る可能性が高くなり、追走する艇が差しを選択した場合に2着確保できる、という展開も1周1マークで先行しやすい1コースの艇の勝率を上げる要素にプラスに働いています。

大村競艇場はスタート勘を掴んだ選手が有利。センター勢も見逃せない

スタートに関しては、「大村はスタートが難しい」という声を聞きます。目標物が無い、風向きが変わりやすい事が主な原因で、スタートが慎重になる選手が多いようです。判断材料の一つとしては出走表等のその節のスタートタイミングを見て、その選手がスタート勘を掴んでいるかどうかがひとつの目安となるでしょう。

スタート後の1周1マークの展開としては1号艇の「逃げ」に対して2号艇が「差し」、3号艇は「まくり」か「まくり差し」、その状況を見て4,5,6号艇は差しか外マイの選択となります。また4号艇(4コース)のカドがスタートを決めた際に、スタートで出切ってしまえば「まくり」、内側の艇が伸び返すようなら「まくり差し」での頭狙いというケースも出てきます。

大村競艇場 特徴 引用元:ボートレース大村HP競走水面http://omurakyotei.jp/suimen/

大村競艇場のコース別データ

大村競艇場 データ 大村競艇場 データ 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP http://app.boatrace.jp/data/stadium/24.php

ボートレース大村(大村競艇場)は、データ上どの季節であっても1コースの勝率は60%を超えます。10レース中6レースで1着が1コースというデータになります。1コースに入るであろう選手の1着予想の舟券を買い続ければ、かなりの的中率アップになる計算です。裏を返せば確率は低いですが、1着に1コースの艇が来ない場合は、かなりの確率で万舟券に変わる可能性を秘めています。

3連単で全120通りある予想が、1着1コースの艇で決め打ちする事によって、3連単で20通りまで予想を絞れるわけですから、荒れやすい競艇場に比べれば的中の難易度は低めの競艇場が、ボートレース大村(大村競艇場)とも言えます。

大村競艇場のモーター情報

ボートレース大村(大村競艇場)のモーターデータに関してはボートレース大村HPモーター成績表を参照ください。

。2008年3月より標準モーターから大型吸気サイレイサー仕様の減音モーターに変わり、減音導入当初のシリーズはあまりイン逃げが決まらず、同シリーズの最終日のイン逃げはわずか2本だった。しかし直ぐに対策が講じられ、ニップル径を4mmから8mmへ変更された。これによりモーターの回転の上がりが良くなり、出足性能が向上し、インコースの強さは標準モーター採用時と大差なかった。しかし、2012年2月12日の週刊実話杯より、新モーターになった際、ニップル径を8mmから4mmに変更された。これにより、以前ほどイン逃げが決まらなくなるとの指摘もあるが、現行ではやはりインコースの強さが際立っている。

ボートレース大村(大村競艇場)のモーター交換時期は3月になります。3月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、3月以降の4月や5月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。

*参考


ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

ボートレース大村(大村競艇場)は、水面特徴どおりインコースの勝率がかなり高くなっています。競艇場施行者側も「大村のインで勝負」と宣伝するなど、インコースに有力選手を配する本命番組を組む傾向が強いのがボートレース大村(大村競艇場)の特徴です。

それゆえにボートレース大村(大村競艇場)は、配当を考えず1コースに入るであろう艇を中心に舟券を買い続ければ、容易に1日数レースは的中できる競艇場と言えます。ボートレース大村(大村競艇場)のレース予想の参考に是非してみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする