津競艇場の特徴を検証!荒れたレースが多い競艇場!?

競艇発祥の地といえばボートレース大村(大村競艇場)ですが、全国初の認可を受けたのは津競艇場であると言われているボートレース津(津競艇場)。ボートレース津(津競艇場)の最大の特徴は、万舟券が飛び出すレースが頻繁にある事が最大の特徴です。堅実な舟券を狙う方にはおすすめできませんが、一発大穴狙いの方にはおすすめの競艇場です。私もよくご利用させてもらっています。

競艇場の水面特徴を把握する事によって選手データや予想屋のデータだけに頼った予想よりも、かなりの確率で的中率があがります。今回はボートレース津(津競艇場)の水面特徴、攻略方法をご紹介します。

*参考


ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

津競艇場の水面特徴

津競艇場 特徴

津競艇場は当日の天候が重要

ボートレース津(津競艇場)の水質は淡水ですが、海のそばにあるため半海水に近いです(汽水)。ボートレース津(津競艇場)が面する伊勢湾は南北に縦長の地形で、太平洋からの南風の通り道です。そのため、夏場は季節風にさらされ、冬場は鈴鹿山脈からの吹き降ろしをまともに受ける立地にあり、強風が吹くと水面コンディションは急激に悪化します。

風が弱ければ基本的に走りやすい水面でインコースが強さを発揮し、強風が吹くとアウトコースの選手にもチャンスが訪れて荒れたレースになる可能性を秘めていると言われていますが、厳密には風が強くスタートタイミングが取りづらい時には荒れやすい傾向にあります。津競艇場の場合、「波の高さ」の影響よりも「風の強さ」、「風の向き」が結果に大きく左右されます。波は5mだろうが6mだろうが、操艇に影響があるようであれば安定板を使用するので、波の高さはボートレース津(津競艇場)の場合は、予想にはそれほど影響がありません。

「風の強さ」、「風の向き」が結果に大きく左右されますが、節間を通してスタートタイミングが横一線になってくるような展開が続くとやはり1コースの逃げが圧倒的に強くなります。そのためボートレース津(津競艇場)では、前日から予想をする予想屋の予想よりも当日の天候、特に風の影響を判断して予想をする事が重要になります。

津競艇場は東海地区で最も予想が荒れる

天候が荒れやすい事に連動しているかは不明ですが、予想も荒れやすく1日の全12レースの中で最低でも1回は万舟券が飛び出します。1日に数回万舟券が出る事も普通にあります。

ボートレース津(津競艇場)は1マークホーム側の幅が全国でも2番目に広く水面も基本は穏やかなので、見た目は見る者を魅了するようなスピード戦の勝負になりますが、基本は1コースからの逃げが強い競艇場になります。風の影響でスタートは難しい競艇場なので、早い段階でスタートタイミングを掴んだ選手が、圧倒的に有利になります。

そのため、荒れるパターンとしては、スタートで他の艇を出し抜いて1周1マークを先行してまくってしまう場合、内よりの艇がスタートタイミングを掴んでおらず遅れてしまう場合、スタートで一歩前に出た艇と1コースの艇が競り合って流れてしまった懐を遅れて差してくる艇がいる場合などの展開であれば1コースの艇には厳しい展開になり、万舟券になる可能性が高くなります。

津競艇場はスタートが重要なポイント

ボートレース津(津競艇場)の発走ピットはホーム岸側から出て行くスタイルです。発走ピットから1マークまでの距離が十分にあるので、通常なら枠番なりに並びそうなメンバー構成でも、各艇の駆け引きや交わり方ひとつでコース取りにもつれが生じます。また、深い起こしのインコースでも1マークは五分の形が作れるため、外枠の大胆な前付けも目立ちます。そのため向かい風のコンディションで深インになってスタート後、どうせ出遅れるだろうと予想から外していると、そのままイン逃げ決めちゃって予想が全然当たりませんでした、なんて事もありますので注意が必要です。

スタートに関しては向かい風と追い風で2艇身くらい違うと言われています。午前・午後、天候(主に風)によってスタートが合わせにくい水面になっていますので、その節間で早めにスタート勘をつかんでいる選手が狙い目になってきます。

津競艇場 特徴 引用元:ボートレース津HP http://www.boatrace-tsu.com/02suimen/02suimen.htm

津競艇場のコース別データ

津競艇場 データ 津競艇場 データ 引用元:BOAT RACE OFFICIAL HP http://app.boatrace.jp/data/stadium/09.php

このデーターを見る限りでは、一般的に言われているボートレース津(津競艇場)の特徴に正しい部分と違う部分が存在しています。一般的には冬場は水面が荒れるのでアウトコースにチャンスが増えると言われていますが、データ上では、冬場の1コースの1着率は上がっています。あまり定石が当てはまらない競艇場と言えます。そのため当日の天候、展示航走は重要な予想のためのデータになると考えられます。

ただし、データ上でもあるように1コースの1着率が50%前後は、常にあるので1コースが基本的には有利だという事に違いはありませんので、この点も頭に入れておく必要があります。

津競艇場のモーター情報

ボートレース津(津競艇場)で使用される直近のモーターランキングに関してはボートレース津HPモーター&ボートデータを参照ください。

2009年9月10日初日の開催より、大型吸気サイレンサー付き減音型のモーターが採用されています。

ボートレース津(津競艇場)のモーター交換時期は9月になります。9月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、9月以降の10月や11月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。

*参考


ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

ボートレース津(津競艇場)は季節、風、水面によって様々な結果が生み出されてきます。そのため大きめの配当も期待できる番組が比較的多くなってくるのが特徴のひとつであり、最大の魅力とも言えます。それゆえにボートレース津(津競艇場)は、高配当、万舟券狙いのファンには、もってこいの競艇場と言えます。ボートレース津(津競艇場)のレース予想の参考に是非してみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする