競艇選手(ボートレーサー)一覧

NO IMAGE

太田和美選手(3557・奈良)のデータおよび特徴

同期には田中信一郎選手、野添貴裕選手、三嶌誠司選手、仲口博崇選手、山本浩次選手、福田雅一選手など数多くのSG・GⅠ覇者を輩出している「華の69期」と呼ばれている中のひとりである太田和美選手。ここでは太田和美選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を紹介させて頂きます。

NO IMAGE

田中信一郎選手(3556・大阪)のデータおよび特徴

同期には太田和美選手、野添貴裕選手、三嶌誠司選手、仲口博崇選手、山本浩次選手など数多くのSG・GⅠ覇者を輩出している「華の69期」と呼ばれている中のひとりである田中信一郎選手。ここでは田中信一郎選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を紹介させて頂きます。

瓜生正義選手はここで買おう!?特徴および寸評を紹介!!

2011年3月18日に卒業を迎えた108期生の江崎一雄選手がリーグV7を達成するまでは、本栖湖にあった本栖研修所で行われたリーグ戦で6度の優勝で過去最高記録。さらには、本栖研修所での勝率はリーグ戦勝率8.65と当時としては驚異的な成績を残している瓜生正義選手。ここでは瓜生正義選手に関するデータと

NO IMAGE

坪井康晴選手(3959・静岡)のデータおよび特徴

競艇選手を志したのは、母が当時ボートレス浜名湖(浜名湖競艇場)で働いていた事と、高校の先輩の徳増秀樹選手が既に競艇選手としてデビューしていたことから興味を持ったという坪井康晴選手。ここでは坪井康晴選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を紹介させて頂きます。

井口佳典選手はここで買おう!?特徴および寸評を紹介!!

85期の“銀河系軍団”(湯川浩司選手、田村隆信選手、森高一真選手、丸岡正典選手、佐々木裕美選手、田口節子選手などSG戦線で活躍している選手が多数)の一員として、また三重支部の新リーダーとして期待されている選手である井口佳典選手。 ここでは井口佳典選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を

NO IMAGE

服部幸男選手(3422・静岡)のデータおよび特徴

父の服部正彦は元競艇選手で、服部幸男自身も幼いころから父親と同じ職業に就きたいと口にしていたという。中学卒業後、静岡県立浜名高等学校に進学するが学校が嫌いという理由で中退し、1988年4月に競艇選手養成所に入所。「落水王」と呼ばれながらも卒業時、模擬レースの勝率は7.49で同期生の中でトップだったという

NO IMAGE

濱野谷憲吾選手(3590・東京)のデータおよび特徴

流れるような長髪と端正なルックスからは想像できない豪快なスピードターンが特徴でファンも多い濱野谷憲吾選手。漫画「モンキーターン」の主人公・波多野憲二のイメージモデルとしても有名で操縦技術だけでなく大レースを戦うための整備能力もあり、山崎智也選手(群馬)と共に関東のエースと呼ばれていました。

NO IMAGE

今垣光太郎(3388・石川)とは?データ、特徴まとめ

父・武志もボートレーサー(36期・登録2664号:2007年現役引退)で、その影響も大きく高校在学中にボートレーサーの養成機関である本栖研修所の入所試験を受験。63期生として入所を果たしました。1988年9月30日に選手登録。同年11月に福井県のボートレース三国(三国競艇場)にてデビューした今垣光太郎選手。

NO IMAGE

菊地孝平(3960・静岡)とは?データ、特徴まとめ

北海道札幌市生まれ、岩手県育ち、静岡県浜松市在住の競艇選手である菊地孝平選手。小学2年生の時から高校卒業まで11年間、野球少年でした。不来方高3年時には1番・ショートでレギュラーとして活躍しました。国立大学の岩手大学に合格していましたが、競艇選手(ボートレーサー)への道を選んだ知的で異色のレーサーと言えます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク