競艇場の水面特徴一覧

丸亀競艇場の特徴を検証!インコースの3連対率が高い競艇場!?

2009年4月21日に全国の競艇場で5ヵ所目、そして中四国の公営競技場としては初めて丸亀がナイター競走『まるがめブルーナイター』をスタートしたボートレース丸亀(丸亀競艇場)。ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース丸亀(丸亀競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報

鳴門競艇場の特徴を検証!「まくり」によって予想が左右される競艇場!?

SG級の全国規模の名選手を多数抱える割には、施設の規模の小ささもあって、SGの開催は草創期に現在の笹川賞競走の前身にあたる全国地区対抗競走が1度開催されたのみで、現在のSGのスタイルになってからは2016年7月13日~18日に初めてのSGオーシャンカップ競走が開催されることが決定した

13#ボートレース尼崎(尼崎競艇場)の水面特徴、攻略情報

1マーク側(西門近く)には11号館があり、スタンドからピットの様子を見ることのできる全国で唯一の競艇場であるボートレース尼崎(尼崎競艇場)。ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース尼崎(尼崎競艇場)の水面の特徴や攻略法、コース別データ、モーター情報を紹介させて頂きます。

住之江競艇場の特徴を検証!ボートレースの聖地はインコースが有利な競艇場!?

2000年(平成12年)10月13日より日本の公営競技史上初の三連勝式投票券が発売されたボートレース住之江(住之江競艇場)。場所が近接しているボートレース尼崎(尼崎競艇場)とは原則として開催日程が重複しないようにしています(年末年始や荒天中止の順延分を除く)。

びわこ競艇場の特徴を検証!近畿地区で最もインコースが弱い競艇場!?

全国で2番目に公認コースとしてレースが開催された競艇場であるボートレースびわこ(びわこ競艇場)。施行者が滋賀県庁(滋賀県総務部事業課)で現在、全24場の中で唯一、施行者が都道府県という点もボートレースびわこ(びわこ競艇場)の特徴のひとつと言えます。

三国競艇場の特徴を検証!日本海側独自の風の強さがポイント!?

昔は厳冬期に水面の凍結防止のため、夜中に救助艇を走らせていたという北陸地方ならではのエピソードもあるボートレース三国(三国競艇場)。 日本海側で唯一の競艇場としても広く知られています。 ここでは競艇(ボートレース)の舟券を購入する上で重要なボートレース三国(三国競艇場)の水面の特徴や攻略法、

津競艇場の特徴を検証!荒れたレースが多い競艇場!?

競艇発祥の地といえばボートレース大村(大村競艇場)ですが、全国初の認可を受けたのは津競艇場であると言われているボートレース津(津競艇場)。ボートレース津(津競艇場)の最大の特徴は、万舟券が飛び出すレースが頻繁にある事が最大の特徴です。堅実な舟券を狙う方にはおすすめできませんが、一発大穴狙いの方にはおすすめ

蒲郡競艇場の特徴を検証!ハッキリと実力差が出て低配当になりやすい競艇場!?

愛知県の東にあるボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)。現在ではボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)で開催される全てのレースがナイターレースになっています。ボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)の最大の特徴は、ほぼ100%の確率でスピードレースになり、全速ターンの応酬になります。ボートレース蒲郡(蒲郡競艇場)が全レース、ナイター

浜名湖競艇場の特徴を検証!2〜5コースの全速戦が狙い目な競艇場!?

ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)は名前の通り、浜名湖を利用した競走水面で面積は日本の競艇場の中で最も広く走りやすい競艇場として競艇選手の間でも人気の競艇場です。アンケートで苦手な競走水面を聞かれた時にボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)の名前を出す選手がほとんどいない事でも有名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク