第62回SGボートレースメモリアル4日目展望

ボートレス桐生(桐生競艇場)で行われている、第62回SGボートレースメモリアル3日目の注目の予想も保険みたいな的中はさせてもらいましたが、思ったような高配当の本命にはならなかったですね・・・。

全体的なレース結果としては万舟券が4レース。1号艇の1着が3レースと本命として捉えられていた1号艇の苦戦が目に付いた3日目だったのではないでしょうか?特に8レースは2号艇の松井繁選手が1着で配当が3万9千円付いているのですからちょっとした驚きです。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.得点率ランキング

SGボートレースメモリアルの得点率はボートレースメモリアル特設HP(*期間限定)を参照ください。

3日間を終えて得点率トップは須藤博倫選手。そこまでモーターの足が良さそうにも見えないのですが、うまく着順をまとめてきています。前日、トップだった石野貴之選手は3日目2着、3着とまとめてきましたが、得点率としては2位に下がっています。この2人が4日目、第11レースで勝負になります。

2.個人的な3日目を終えての感想

3日目までくるとどの選手も飛び抜けてモーターが噴いているという感じもなくなってきました。どの選手もまだまだ足を良くしたいようですが、道中の直線やスタート等を見てみてもほぼ同レベルといった感じでしょうか。

モーターが良くて明らかに期待を裏切っているのは浜野谷憲吾選手です。初日の1着以降はオール4着と展開に恵まれていない部分も確かにありますが、それにしても、もう少し上位に食い込んできて欲しかったとは思います。

逆にうまく踏ん張っているなと感じるのが松井繁選手と山崎智也選手です。今ではモーターも中堅クラスまではきているかと思いますが、しっかりとポイントを稼いで得点率ランキングでも上位に顔を覗かせています。

また、菊池孝平選手も実力通りの強さを出して今節は安定しています。モーターの感じも良さそうに見受けられます。

遠藤エミ選手は4日目が踏ん張りどころかと思われます。女子レーサー代表として準優勝戦に進出して欲しいですね。

3.4日目の狙い目レース

SGボートレースメモリアル4日目の番組表はBOAT RASE桐生HP(*期間限定)を参照ください。

4日目は当然の事ながら準優勝戦18名に残るための勝負掛けの日です。18位前後の選手はなんとしても準優勝戦に残りたいところ、上位の選手はできる限り準優勝戦を好枠番で戦いたいと思います。そのため、注目じゃないレースがひとつもないのが正直なところです。

ただし、あえて高配当の舟券を当てたいという部分にフォーカスさせて4日目の個人的な狙い目のレースとしては11Rです。本命は、1号艇の中島孝平選手になるかと思われますが、今節を見ている限りでは本来の実力を出し切れていない感じがします。モーターはそこまで良くもなく、スタートも若干遅れ気味でレース自体後手を踏んでいるなという印象を受けます。なので個人的には1号艇は外します。

そこで1周1マークに真っ先に飛び込んでくるのは2号艇の須藤博倫選手ではないかと思っています。須藤博倫選手は前述の通り得点率ランキングトップ。モーターは中堅くらいかもしれませんが、スタートは行けているので2号艇でも十分先マイは考えられます。その間隙を差してくるのが松井繁選手と予想します。なので個人的な狙いは

2=3-流し

です。センターから坪井康晴選手がまくっていくような展開であれば4-2-流し、4-5-流しという目もあるのではないでしょうか。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

4.まとめ

4日目は選手達にとってはまさに勝負どころです。一体最終的に誰が準優勝戦に乗れて誰が優勝候補に踊り出てくるのかも注目しながら4日目のレースを見るとおもしろいかと思いますよ。

基本的には新聞、予想屋のデータからご自身で予想してみれば良いかと思いますが、個人的な展開予想、評価をしてみましたので参考にしてみようという方がいれば是非参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする