NO IMAGE

平山智加選手(4387・香川)のデータおよび特徴

デビューから4走目で初の1着を取ると、デビュー1期でB1級昇格を決めたり(98期の中でトップ勝率)、デビュー2年で初優勝してみたりと女子レーサーの中でも特に大注目されている平山智加選手。強気なレースを心がけて2009年前期にA1級に昇格してからは、A2級以下に落ちたのは1度のみで、それ以外は常にA1級を維持

NO IMAGE

平高奈菜選手(4450・愛媛)のデータおよび特徴

果敢に攻めて転覆などの事故も多いのですが、負けず嫌いな性格と強気で豪快なターンが魅力の平高奈菜選手。「攻撃派女子」と表現されるように常に「攻め」のレースをしてファンを魅了しています。今後に期待の女子レーサーの1人です。同期には桐生順平選手、鎌倉涼選手、川野芽唯選手、松尾昂明選手、和田兼輔選手、青木玄太選手、

NO IMAGE

今村豊選手(2992・山口)のデータおよび特徴

「コーナーではスピードを落とす」が常識だった当時の競艇界において「全速ターン」を真っ先に身に付け、当時の記録を次々と破ってきた「艇界のプリンス」今村豊選手(ニックネームは「艇界のプリンス」の他に「今やん」、「ミスター競艇」とも言われます)。本栖訓練所時代に、教官から「全速ターン」の存在を告げられ、

寺田祥選手はここで買おう!?特徴および寸評を紹介!!

SG競走の常連選手でデビューから20年、SG優出10回目にしてようやくSGウイナーになった寺田祥選手。同支部の白井英治選手と山口支部の2枚看板としてこれからのさらなる活躍に期待が掛かります。同期には佐々木康幸選手、飯山泰選手、池田浩二選手などがいます。ここでは寺田祥選手に関するデータと特徴、

柳沢一選手はここで買おう!?特徴および寸評を紹介!!

師匠である原田幸哉選手同様にスタート巧者として知られている柳沢一選手。近況は優勝回数、勝率共に以前よりも上げてきてこれからの更なる活躍が期待される選手です。同期には吉田俊彦選手、市橋卓士選手、萩原秀人選手、中野次郎選手、原田篤志選手などがいます。ここでは柳沢一選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を

NO IMAGE

秋山直之選手(3996・群馬)のデータおよび特徴

イケメンな部分やターン巧さ、群馬支部といった共通する部分が多い事から山崎智也選手に続くエース候補として期待されていた秋山直之選手。現在では、同支部後輩の毒島誠選手に先にSGタイトルを取られ「第4の男」と称される事があります。同期には齋藤仁選手、重野哲之選手、 坂口周選手、須藤博倫選手などがいます。

守田俊介選手はここで買おう!?特徴および寸評を紹介!!

いろいろな趣味やネタがあって話題に事欠かない守田俊介選手。当然ながら本来の競艇選手(ボートレーサー)としての実力もトップクラスです。同期には勝野竜司選手、鳥飼眞選手、伊藤誠二選手、石渡鉄兵選手、辻栄蔵選手、西村めぐみ選手(現:本部めぐみ選手)などがいます。ここでは守田俊介選手に関するデータと特徴、

NO IMAGE

GⅠ第5回クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)展望

2016年12月26日~31日の6日間、ボートレース平和島(平和島競艇場)にてGⅠ第5回クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)およびクイーンズクライマックスシリーズ(賞金女王シリーズ戦)が開催されます。2016年の女子レーサーならびに競艇(ボートレース)界全体としての総決算とも言える

競艇GⅠクイーンズクライマックスのシステムを紹介!年末の女王決定戦!

2011年(平成23年)1月31日に発表された、平成24年度以降の競艇レース体系見直しの中で開催が明らかになったGⅠクイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)。競艇(ボートレース)界の女子選手のみによって争われるGⅠ競走としては女子王座決定戦競走(現:レディースチャンピオン)に続く2つ目のGⅠ競走と

NO IMAGE

SG第31回グランプリ/グランプリシリーズ展望

2016年12月20日~25日の6日間、ボートレース住之江(住之江競艇場)にてSG第31回グランプリ(賞金王決定戦)およびグランプリシリーズ(賞金王シリーズ戦)が開催されます。2016年の総決算とも言えるグランプリ(賞金王決定戦)を制して賞金王になるのは誰なのか。今回は出場選手、ドリーム戦出場選手、展望など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク