競艇のSGとは!?競艇好き初心者に一度は見てほしい最高峰のレース!

こんにちは。debuyaです。競艇(ボートレース)の仕組みのひとつとしてレースには各グレードが存在しています。選手(レーサー)も実力に合わせてランク分けされておりトップレーサーがしのぎを削り合う最高峰のレースがSG競走です。今回は競艇初心者のためにSG競走とはどのようなものなのか、レースのグレードとは、選手のランクに関してご紹介していきたいと思います。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

競艇のグレードレースについて

競艇 グレードレース 引用元:boat race official hp http://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/enjoy/guide/jiten/42/y_291.html

競艇は各競艇場で連日のようにレースが開催されているのですが、その各レースはグレード分けされています。一番低いグレードが一般戦、その次にGⅢ、GⅡ、GⅠ、SGの順にグレードが上がっていきます。最高峰のSG競走に関しては、出場してくる選手は競艇界のトップレーサーになります。

競艇のSG競走について

競艇 SG 引用元:boat race official HP http://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/enjoy/guide/jiten/04/y_022.html

競艇は年間で8回SG競走が開催されます。どの選手もこのSG競走に出場する事、SG競走で優勝する事が目標のひとつとなっています。そのSG競走の中でも年末に開催されるグランプリ(賞金王決定戦)(年間獲得賞金ランキングの上位18名になることが条件)に出場する事がトップレーサーの中では最重要ポイントになっています。

ちなみにグランプリ(賞金王決定戦)で優勝すれば公営競技最高額の1億円が与えられます。グランプリ(賞金王決定戦)に出場する為には、どの選手も1億円以上か1億円近く年間で賞金を獲得していなくてはいけないので、最終的な賞金王の年間の獲得賞金額は2億円前後を稼ぎ出す計算になります。

各SG競走の概要について詳しく知りたい方は競艇SG競走一覧!競艇界の最高峰の戦いがここにある!!を参考にしてみてください。

競艇選手のランク(級別)について

競艇 ランク 引用元:boat race official HP http://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/enjoy/guide/jiten/07/y_047.html

競艇選手は半年ごとの勝率によって4段階のランク(級別)に振り分けられます。一番下がB2級、次にB1級、A2級、最高峰がA1級になります。SG競走に出場する為には、まずA1級のレーサーである事が最低条件になります。SG競走に毎回参加してくるようなトップレーサーはA1級を常に維持しているような選手です。

競艇選手は、レースの着順によって着順点が与えられます。この着順点を全て足して出走数で割ったものが、選手の勝率として計算されます。競艇で選手の格付けの為に行う勝率の計算方法は下記の通りとなります。

競艇 ランク 引用元:boat race official HP http://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/enjoy/guide/jiten/17/y_164.html

競艇選手のランク(級別)について詳しく知りたい方は競艇のランクとは!?選手の実力で分けられる級別(クラス)の仕組みをご紹介!を参考にしてみてください。

また、競艇の着順点や得点率についてさらに詳しく知りたい方は競艇の得点率とは!?競艇選手が優勝するまでの道のりで重要なポイント!を参考にしてみてください。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

競艇(ボートレース)は年齢、性別問わず、完全なる実力社会になります。前年どれだけ賞金王になろうが、次の半年で勝てなければA2級やB1級になる事も十分に考えられます。(実力なのでよほどの事がない限り強い選手は基本強いですけどね・・・。)

その為、トップレーサーであればあるほど、どのレースに関しても1着を貪欲に狙ってきます。トップレーサーが集うSG競走に関してはどのレースもハイレベルな戦いを観る事が出来ますので、是非一度生で観戦してみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする