競艇予想でボート勝率って意味あるの!?誰もが思うギモンを徹底検証!

競艇(ボートレース)をある程度理解してきた方や競艇初心者の方の中で誰もが思うギモンのひとつに「ボート勝率」があるんじゃないですか?競艇予想をする際に使用する出走表には、モーター勝率と同時にボート勝率が常に情報として掲載されています。

「それってボート勝率が競艇の予想で重要って事?」

正直、私自身がそう思って気になっていました 笑。

でも、ボート勝率に触れる予想屋もいませんし、情報を探してもボート勝率についての情報って非常に少ないのではないでしょうか。今回は、競艇予想でボート勝率が本当に意味があるのか、誰もが思うギモンを検証しました。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

競艇予想でボート勝率は本当に関係あるの?

競艇 予想 ボート勝率

競艇予想でボート勝率は関係あるのか?結論から言ってしまえば、ほとんどの場合影響はありません。なぜか?答えは簡単で、(選手の実力や技術などの影響力)>(ボート勝率の影響力)という公式が成り立ってしまうからです。

A1級の選手が勝率の低いボートに乗って、B1級の選手が最高勝率のボートに乗ってモーターが同じ性能で同じレースに出走したとすると大半のレースでA1級の選手が勝ってしまいます。そのため、舟券予想をする際には、ボート勝率を考えるよりも選手の実力やモーター勝率などを気にした方が、回収率は確実に上がります。

選手には、ボート勝率が少なからず影響する?

競艇 予想 ボート勝率

競艇の舟券予想の上でボート勝率は、それほど影響はありませんが、実際の選手(ボートレーサー)には、少なからず影響があるようです。

ボートは木製で、上から塗装してあります。ボートを多く使用すればボートは水を吸うので変形(反り)したりするそうです。そのため、モーターを乗せる時にバチっとこなかったり、乗りやすさがこなかったりという影響は考えられるそうです。(某A1級選手いわく)

良い勝率のボートであれば先頭を走る回数が多くなり、水を吸うケースが減り軽いまま、悪い勝率のボートであれば後方を走る回数が多くなり、水を吸うケースが多くなる事が想像できます。それによってボート自体が軽い、重たいという感覚に繋がってくるのではないかと仮定されています。

予備ボートはどんな影響がある?

競艇 予備ボート

競艇では、前検日に抽選でボートが各選手に割り振られます。節間のレースにおいてボートが破損してレースが出来なくなった場合に緊急処置で選手は、予備ボートに乗りかえる事ができます。

仮に節の4日目や5日目に予備ボートに乗りかえた場合、予備ボートは水を吸っていない状態なので「軽い」事が想定されます。それに対して他の5選手のボートは4~5日間同じボートを使用されているので、予備ボートを使用する選手が、ボートの面では優位に働いて、突然良い成績を取るという事は、十分に考えられるそうです。

ただし、予備ボートは、あくまで予備なので使用されるケースは少ないので、必然的に勝率が低いのが当たり前という事になります。ある選手が予備ボートに変更して予備ボートの勝率が低いからといって予想から外したら1着取っちゃった、みたいな事がないように注意しておいてくださいね。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

競艇の舟券予想をする際にボート勝率を気にする必要はそれほどありませんが、ボートに関する基本的な事を知っていないと正しい予想もできなくなってしまいますので知識として頭に入れておいて損はないかと思いますよ。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする