2016年11月一覧

NO IMAGE

齋藤仁選手(3978・東京)のデータおよび特徴

正直、目立つような存在でもなく、人気もトップレーサーの選手達に比べれば少ないかもしれませんが、でも着実に連に絡んでくるようなしぶとい走りを見せてくれる齋藤仁選手。現在は東京支部に在籍にながら妻の実家がある福岡県に在住。同期には秋山直之選手、重野哲之選手、 坂口周選手、須藤博倫選手などがいます。

NO IMAGE

SG第19回チャレンジカップ(大村競艇)初日予想2016/11/22

2016年11月22日からボートレース大村(大村競艇場)で開催されるSG第19回チャレンジカップ(チャレンジカップ競走)初日の予想をしていきたいと思います。合わせて同時開催のGⅡ第3回レディースチャレンジカップの予想もしていきたいと思います。

NO IMAGE

吉田俊彦選手(4055・兵庫)のデータおよび特徴

ボートレース尼崎(尼崎競艇場)を地元水面にしている兵庫支部期待の選手、吉田俊彦選手。SG優出は過去5回(2016年11月時点)、賞金ランキングも上位に顔を出しあと一歩のところでタイトルが取れていない吉田俊彦選手。師匠には馬袋義則選手(登番3612)、弟子には和田兼輔選手(登番4446)、妻は同じく競艇選手

競艇SGチャレンジカップのシステムを紹介!賞金王決定戦へのラストチャンス!

SGチャレンジカップ(チャレンジカップ競走)は、競艇(ボートレース)の売上低迷打開策の1つとして1998年(平成10年)より「競艇王チャレンジカップ競走」の名称で創設された、最も新しいSG競走です。2010年の第13回大会より名称が「チャレンジカップ競走」に変更され、2014年以降の副題は

NO IMAGE

平田忠則選手(3898・福岡)のデータおよび特徴

福岡市立吉塚中学校卒業。いとこに憧れ車の整備士になりたいと思った平田忠則選手。福岡市立博多工業高等学校では自動車工学科で車を学ぶ。久留米工業大学に進学し、大学でも車関係の勉強を専攻するが、大学在学中に知人に連れて行かれたボートレース福岡(福岡競艇場)で、競艇選手募集のポスターを見て、

NO IMAGE

三嶌誠司選手(3541・香川)のデータおよび特徴

香川県立坂出商業高等学校を卒業後、愛知県刈谷市の刈谷郵便局に勤務していた経験をもつ異色のレーサー三嶌誠司選手。三嶌誠司選手の同期は「華の69期」と呼ばれた当時のスター軍団です。太田和美、田中信一郎選手、山本浩次選手、野添貴裕選手、仲口博崇選手、福田雅一選手、室田泰史選手、都築正治選手など強豪レーサーが集う期

NO IMAGE

徳増秀樹選手(3744・静岡)のデータおよび特徴

強豪選手がひしめき合う静岡支部において勝利数を稼ぎまくっている徳増秀樹選手。75期生としてデビュー。同期には2016年5月21日に胃がんのため40歳でお亡くなりになられた今坂勝広氏、高濱芳久選手、林美憲選手などがいます。ここでは徳増秀樹選手に関するデータと特徴、個人的な寸評を紹介させて頂きます。

NO IMAGE

石渡鉄兵選手(3716・千葉)のデータおよび特徴

中学生の時、マンガがきっかけでJRAの騎手になりたいと思ったが、入学資格の体重まで減量しきれずに断念。県内有数の進学校に入学はしたものの、勉強を真剣に取り組む気になれなかった。高校3年時に親から競艇(ボートレース)ならお前の体重はちょうどだぞと競艇学校のパンフレットを渡され、迷うことなく受験。

NO IMAGE

丸岡正典選手(4042・大阪)のデータおよび特徴

良い意味でも悪い意味でも「自然体」の丸岡正典選手。デビューから5年までは競艇(ボートレース)での目標も持っていない生活態度の荒れた平凡な選手でした。自身初となるSG出場になった第32回 笹川賞(現:ボートレースオールスター)で一般戦では勝てるレースがSGでは勝てない悔しさから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク