競艇の選手応援用横断幕について!応援する選手のために横断幕を作ろう!!

こんにちは。初めて競艇を観て、競艇を理解していった時に一番最初にファンになった選手は松井繁選手でした。SG競走のライブ中継をみた時にベテランの選手達を引き寄せない圧倒的な強さを見せて優勝した時の興奮が現在でも鮮明に記憶に残っています。その後、池田浩二選手の圧倒的な旋回力に魅せられて、最近では桐生順平選手の強さに魅せられている浮気心満載な競艇大好きdebuyaです。笑

さて、各競艇場のスタンド側から競走水面に目をやると競走水面の奥に選手を応援するための横断幕が張られていることがあるかと思います。この横断幕は、競艇場が用意するものではなく、私たちファンの方が各々応援したい選手の横断幕を作製してきてレース期間中に掲出してもらうように各競艇場に送っているものです。

競艇ファンの方、ある特定の選手のファンの方の中で、特に競艇初心者の方などは、どのように横断幕を作って、どのように横断幕を競艇場に渡せばいいのかということをご存知ない方も数多くいらっしゃるみたいです。そこで今回は、選手応援用横断幕に関してのあれこれをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

競艇の選手応援用横断幕の規定

競艇 横断幕 規定
引用元:boat race official HP
https://www.boatrace.jp/owpc/pc/site/pr_info/2011/02/92/

選手応援用横断幕の規定のサイズは、一枚でも多く掲出するために規格の統一をはかっています。縦サイズは2m以内、横サイズは10m以内になっています。

競艇の選手応援用横断幕の褐出、発送、保管、梱包について

競艇 横断幕

競艇の選手応援用横断幕の掲出について

・統一規格外の横断幕については、状況により掲出されないと思っておいた方がいいかと思います。

・競艇場(ボートレース場)設備の都合により、統一規格内であっても掲出できないことはあります。

・ボートレース江戸川(江戸川競艇場)では、横断幕の掲出ができません。

・レースが無い時の横断幕の保管は各々の自己管理になります。横断幕の取扱いは各競艇場(ボートレース場)によって、各担当者によって違いがあるみたいです。乱雑に扱われる場合、丁寧に扱われる場合、どちらも可能性はあるみたいなので、どうしても横断幕を掲出して欲しい方はその点は目をつぶらなくてはいけないかもしれません。

競艇の選手応援用横断幕の取扱いについて

・各競艇場に送付される前に、著しい破損や汚れのないことを必ず確認し事前メンテナンスを施してください。(破損等によりレースに支障をきたす恐れのある横断幕は、競走の安全面から掲出できません。)

・取扱い上の間違えを防ぐため、横断幕の裏面右上には、氏名を必ず記入(貼付)してください。

・掲出後、自宅へ返送のため、必要事項を記載した宅配便伝票等を必ず同封してください。

・頑丈なダンボール、プラスチックケース、バッグ等に入れて、開催初日の3日前までに当該競艇場へ送付してください。(必着です)

競艇の選手応援用横断幕についてのお問合せ

競艇の選手応援用横断幕に関するお問い合せは、日本モーターボート競走会・企画部広報課で対応してくれます。TEL:03-3454-5058

また、各競艇場が定めている選手応援用横断幕の取り扱いについての代表的な例としてボートレース常滑(常滑競艇場)HPに横断幕送付についてのお願いが掲載されています。参考にされたい方は是非参考にしてみてください。

競艇の選手応援用横断幕の値段は?デザインは?

競艇 横断幕 値段

競艇用の選手応援用横断幕を常日頃から製作している企業はある程度限られたところのようでインターネット上で数件掲載されています。価格は当然お店にもよりますが、ターポリン製で10万円くらいで作製できるみたいです。

デザインに関しては要望さえ伝えれば、それに合わせた様に対応してくれるようです。

*参考
ザ・万舟中穴アタル36競艇必勝法

まとめ

各競艇場を彩る選手応援用横断幕は、特にレースグレードが高ければ高いほど無くてはならない存在だと思います。競艇ファンの方であれば、ほとんどの方が自分のお気に入りの選手がいるはずです。選手を応援しようという気持ちを横断幕に込めてみてください。

The following two tabs change content below.
debuya
年齢 30代(競艇歴は15年になります。) 好きな競艇選手 桐生順平選手など レースの迫力とモーター音に惹かれて競艇をやり続けているdebuyaです。初心者の頃は負けが込んでいましたが、現在では毎年プラスには持っていけるようになりました。 競艇初心者で私と同じように苦しんでいる方の役に立てるようなブログにしたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする